研究室紹介



 機械材料の発達は、機械の構造と性能を著しく変化させる。機械材料に要求される性能のうちで最も基本的なものは機械的特性である。優れた機械的特性を有する材料を開発するためには、材料がどのような微視的なメカニズムによって高機能化するのかを知ることが不可欠である。したがって、当研究室では主として金属材料の微視的な組織と機械的特性との関係について、結晶学的視点から電子顕微鏡やX線装置を使った基礎的研究を行っている。

具体的には,当研究室では以下に示す内容の研究を行っている。

  1.   Cu及びAl基合金中の析出物の粗大化
  2.   端子用Cu基合金の開発
  3.   Cu基合金における析出挙動
  4.   Cu双結晶粒界の脆化
  5.   モデル合金・実用合金を用いた疲労挙動と内部転位組織の関連性

        研究スタッフ

門前 亮一
[教授]
主な研究分野:金属の相変態と力学特性
担当授業科目:機械材料科学K


渡邊 千尋
[准教授]
主な研究分野:金属の力学特性と組織
担当授業科目:基礎材料工学


北 和久
[助手]
主な研究分野:金属の相変態と組織制御




研究室所属学生一覧へ

機能機械工学科のホームページへ

金沢大学へのアクセスはこちら